カメラ

2009.02.28 Saturday

0
    最近仕事から帰宅する際にある光景を目撃します。
    それは私がちょうどある道を通る頃、ある民家の軒下で誰かが猫にエサを与えているようです。
    いつも1匹の猫がエサを食べています。
    しかし、いつも同じ猫ではありません。

    1番よく目撃するのは体の大きいトラ猫でけっこうがっついて食べているのをよく見ます。
    また黒猫や黒・白のホルスタイン柄の個体もよく見かけます。
    どうやら各々ローテーションで食べに来ているようです。
    ちなみに私はここを「食堂」と呼んでいます。

    その食堂で1ヶ月に1度ぐらいの割合で出現するレアキャラがいます。
    体全体がほぼ真っ白で、なぜかしっぽの先っちょが黒くなっています。
    私はこの個体を「チョボ」と呼んでいます。
    そのチョボの先っちょを写真に収めようとしているのですが、警戒心が強いらしく、カメラを向けるとすぐ逃げ出します。
    向けるというよりは私がカメラを出そうとバッグをまさぐっている時に逃げられます。
    1ヶ月に1度ぐらいなのでつい力んでしまいます。
    カメラをいつもケースに入れているのでバッグから出してケースから取り出すのに12秒ぐらいかかってしまいます。

    恐らく今後UMAの撮影で何度かビッグチャンスが来ると思います。
    しかしそれを逃すようではいけません。
    12秒はかかりすぎです。
    私がUMAを追い求めるようになったきっかけである「アリクイ事件」の時もそうでしたが、写真にさえ収めていれば周りからの侮蔑的な言葉にも耐えずともよかったはずです。

    そこでカメラを首から下げようと思います。
    たまに一眼レフを下げている人を見かけますが、私は普通のデジカメなのでかっこ良さではまけてしまいます。
    しかしこの勝負に勝てるようなダサかっこいいケースを作ろうと思います。
    久しぶりに本気で設計したいと思います。

    そしてチョボを激写したいと思います。

    ミシン

    2009.02.24 Tuesday

    0
      心ある方にミシンを頂きました。
      ロマンスステーションは様々な方の施しにより成り立っています。

      ミシン

      布用にと思っていましたが、予想以上にパワーがあり薄い革なら綺麗に縫えます。
      直線縫いしかできませんが、そんな不器用なところがいいと思います。
      今後活躍してくれそうです。




      キッズラボ

      2009.02.23 Monday

      0
        ガムアママレザーズのお二人が、神戸ファッション美術館にてキッズラボというイベントを行いました。
        お手伝いとしてちょっと行ってきました。

        キッズラボとは、ものづくりをとおして子供達がプロの職人と出会い、感性を育むというワークショップです。
        作ってもらう物はガムアママの商品として実際に販売している馬革キーホルダーです。
        そのため、機材も実際使用している物を用います。
        作業は革を染色し、電気ペンで革にネームをいれ、コバを磨き、組み立てるという高度なものでした。

        結果は大成功でした。

        最初は子供達も緊張していましたが、作業を進めていくにつれ、どんどんテンションがあがって本当に楽しそうにしていました。
        ハマっていく様子がはっきり見えて、ものづくりって本当に楽しいものだと忘れかけてたSomethingを思い出させてくれました。

        今の子供たちはインターネットなどの影響で、僕が子供のころに比べるとものすごい量の情報が近くにあります。
        しかし逆に情報が多すぎて、自分が何をやりたいかがわからなくなっています。
        実際に経験していない事でも全てわかったような気になり、そこで終了しているケースもあるようです。

        今回ものづくりを体験してもらい、出来上がった物を大事そうに付けたり、見せたりしているのを見るとほんまにやってよかったなぁと思いました。
        初めて自分が作ったものはいつまでも覚えていてくれると信じています。

        また今回出会えた神戸ファッション美術館の方々や、フォトグラファーの弐宮氏も本当に熱い人達で、子供たち以上に僕が大事な事を学んだ気がします。

        神戸にやって来て、ものづくりをしているとどんどん素敵な人に出会います。

        クロコダイル

        2009.02.16 Monday

        0
          クロコダイル
          あと2,3日すればコイツは僕の胃の中に引越しです。
          申し訳ないですが、弱肉強食です。

          ちなみに革はコードバンのクロコダイル型押しブライドル仕上げです。
          こっちはとっておきの時のためにとっておきます。

          異空間

          2009.02.14 Saturday

          0
            今回私はこの記事を書こうか書くまいか迷いました。
            理由はみなさんをがっかりさせてしまうからです。

            しかし私は記録としてここに残す事にしました。

            私は才能というものは無いと思っていました。
            努力と環境しだいでセンスでも発想力でもどうにかなると思っていました。

            この人に会うまでは・・・

            波止場町Ten×Tenという場所が神戸ハーバーランド付近にあります。
            そこは物作りをする人達が集い制作、展示、販売を行っている場所であります。
            私も一時「2wister」という革紐加工のブースでお世話になっておりました。
            そしてそこに「異空間」という一風変わったブースがありました。

            最初は訝しげに思っていましたが、ブース主の森田氏と話す内に知らず知らずその妖しげな魅力、まさに異空間へと引き込まれて行きました。



            ご覧頂きたい神戸のオーパーツ異空間

            ゑゐ

            まず驚かされるのは、久々に行ったら店舗名が変わっていたということです。
            ゑゐです。エイと読みます。

            「昔の仮名の字体で今はもう使われていない。私の作る物もそんなものだよ。」と森田氏。

            ご注目いただきたいのはその看板の額縁です。
            なんとバイクのチェーンを巻き額縁へとしています。
            かなりかっこいいです。

            そしてブースの中に入りまず目にするのはこちらです。

            時計

            おびただしい数の時計たちです。
            時計たちは形は様々で、あるものは針がアンバランスで、またあるもの逆周りに回転しています。
            しかし時は正確に刻んでいます。
            ここにいると時というものは必要であり不必要でもあるという感情にさせられます。
            ここではどうやら時間軸が歪むようです。

            そして奥に目をやると

            繭

            なんとも優しい光の羅列が見えます。
            いつまでも見ていられる不思議なあかりです。
            この灯りの正体はなんと蛾の繭だそうです。
            森田氏の作品は自然のものが多数使われます。
            まさにハンドメイドを超えたアースメイドとも言えるでしょうか。

            森田氏は灯りの魔術師です。

            雄弁な作品たち

            私に写真の技術があれば、より素晴らしい感動をお伝えできるでしょうが、無理です。興奮のあまり手が震えて上手いこと撮れません。

            このショールがかけられたツリー状の灯りの本当の美しさは現場にいないとわかりません。
            これは灯りの色というよりは、ショールの生地が生み出す不可思議で美しいパターンを楽しむためのものです。

            少し前、南極にて約20Mはあろうかという人間のような形をした半透明の生物(ニンゲン)が発見されたと話題になりました。
            その生物は写真には写らないらしく自分の目で確認しないと見ることが出来ないと言われています。
            そんな都市伝説のような話も、この異空間の作品達を前にすると本当ではないかとつい思ってしまいます。

            そして特筆すべきは上空から吊るされた「事情があって飛べなくしてあるほうき」ではないでしょうか。
            飛行性能を落としてあるそうなので今は飛べないそうですが、本気をだせばとべるそうです。


            ご意見箱

            そして森田氏不在の折はこのBOXに連絡先をいれる事でコンタクトがとれるという画期的なアイテムです。
            後ろにある何かの基板がスーパーコンピュターの気配を匂わせます。
            何か書いた紙を箱に入れるという一見アナログなシステムをこのBOXを介することによりITっぽい感じにさせてくれます。
            まさにこれが豊かさだと思います。

            まだ他にも写真をたくさん撮ったのですが、データが残ってないという怪現象に見舞われ、これ以上作品をご紹介することができません。

            また森田氏はそのへんの駐車場で投網のやり方を教えるという日本一受けたいワークショップも行われていました。

            と過去形で表記したのは、そうです。もう異空間はありません。
            去年の11月をもって閉鎖されました。
            これを読んで頂いている方には申し訳なく思います。
            ぜひ一度と思われることでしょうが、あの国宝級の空間はもう存在しません。

            しかし森田氏は言ってました。
            「北区にある畑の真ん中に秘密基地建てたからそこで作るわ」

            みなさんも一度お話をしてみてはいかがでしょうか。
            森田氏の目印は、通勤に使っている白い車です。
            角を曲がる時「ゴリゴリゴリ」とすごい音がでます。
            あと、後部座席にいつもなんか枝みたいなのを積んでます。