異空間

2009.02.14 Saturday

0
    今回私はこの記事を書こうか書くまいか迷いました。
    理由はみなさんをがっかりさせてしまうからです。

    しかし私は記録としてここに残す事にしました。

    私は才能というものは無いと思っていました。
    努力と環境しだいでセンスでも発想力でもどうにかなると思っていました。

    この人に会うまでは・・・

    波止場町Ten×Tenという場所が神戸ハーバーランド付近にあります。
    そこは物作りをする人達が集い制作、展示、販売を行っている場所であります。
    私も一時「2wister」という革紐加工のブースでお世話になっておりました。
    そしてそこに「異空間」という一風変わったブースがありました。

    最初は訝しげに思っていましたが、ブース主の森田氏と話す内に知らず知らずその妖しげな魅力、まさに異空間へと引き込まれて行きました。



    ご覧頂きたい神戸のオーパーツ異空間

    ゑゐ

    まず驚かされるのは、久々に行ったら店舗名が変わっていたということです。
    ゑゐです。エイと読みます。

    「昔の仮名の字体で今はもう使われていない。私の作る物もそんなものだよ。」と森田氏。

    ご注目いただきたいのはその看板の額縁です。
    なんとバイクのチェーンを巻き額縁へとしています。
    かなりかっこいいです。

    そしてブースの中に入りまず目にするのはこちらです。

    時計

    おびただしい数の時計たちです。
    時計たちは形は様々で、あるものは針がアンバランスで、またあるもの逆周りに回転しています。
    しかし時は正確に刻んでいます。
    ここにいると時というものは必要であり不必要でもあるという感情にさせられます。
    ここではどうやら時間軸が歪むようです。

    そして奥に目をやると

    繭

    なんとも優しい光の羅列が見えます。
    いつまでも見ていられる不思議なあかりです。
    この灯りの正体はなんと蛾の繭だそうです。
    森田氏の作品は自然のものが多数使われます。
    まさにハンドメイドを超えたアースメイドとも言えるでしょうか。

    森田氏は灯りの魔術師です。

    雄弁な作品たち

    私に写真の技術があれば、より素晴らしい感動をお伝えできるでしょうが、無理です。興奮のあまり手が震えて上手いこと撮れません。

    このショールがかけられたツリー状の灯りの本当の美しさは現場にいないとわかりません。
    これは灯りの色というよりは、ショールの生地が生み出す不可思議で美しいパターンを楽しむためのものです。

    少し前、南極にて約20Mはあろうかという人間のような形をした半透明の生物(ニンゲン)が発見されたと話題になりました。
    その生物は写真には写らないらしく自分の目で確認しないと見ることが出来ないと言われています。
    そんな都市伝説のような話も、この異空間の作品達を前にすると本当ではないかとつい思ってしまいます。

    そして特筆すべきは上空から吊るされた「事情があって飛べなくしてあるほうき」ではないでしょうか。
    飛行性能を落としてあるそうなので今は飛べないそうですが、本気をだせばとべるそうです。


    ご意見箱

    そして森田氏不在の折はこのBOXに連絡先をいれる事でコンタクトがとれるという画期的なアイテムです。
    後ろにある何かの基板がスーパーコンピュターの気配を匂わせます。
    何か書いた紙を箱に入れるという一見アナログなシステムをこのBOXを介することによりITっぽい感じにさせてくれます。
    まさにこれが豊かさだと思います。

    まだ他にも写真をたくさん撮ったのですが、データが残ってないという怪現象に見舞われ、これ以上作品をご紹介することができません。

    また森田氏はそのへんの駐車場で投網のやり方を教えるという日本一受けたいワークショップも行われていました。

    と過去形で表記したのは、そうです。もう異空間はありません。
    去年の11月をもって閉鎖されました。
    これを読んで頂いている方には申し訳なく思います。
    ぜひ一度と思われることでしょうが、あの国宝級の空間はもう存在しません。

    しかし森田氏は言ってました。
    「北区にある畑の真ん中に秘密基地建てたからそこで作るわ」

    みなさんも一度お話をしてみてはいかがでしょうか。
    森田氏の目印は、通勤に使っている白い車です。
    角を曲がる時「ゴリゴリゴリ」とすごい音がでます。
    あと、後部座席にいつもなんか枝みたいなのを積んでます。

    ナス

    2009.02.09 Monday

    0
      私はUMAと共にオーパーツにも興味があります。

      オーパーツとは、Out of Place Artifacts いわゆる「場違いな加工品」を省略した呼称です。
      世界には、我々の知っている人類の進化とはまったく無関係な物や、歴史的に見てありえない物が発見され、考古学者や科学者達を困惑させています。

      このブログでは私の数々のフィールドワークにより採集した見本をご紹介したいと考えています。
      私の考えるオーパーツとは本来なら博物館に展示されるべき物なのになぜこんなところに!というものも含まれます。
      また私なりの考察も入れていきたいと思います。

      今回ご紹介したいのはこちら

      ナス型

      ナス型ジョーバです。
      最初見た時は子供が乗ったすぐ後だったらしく軽く動いていたので、UMAかと思いましたが、遊具でした。

      現場は人々が多数押しかけ、こころ無い大人による激しいスイング運動でスプリングが破壊されることを危惧し明らかに出来ませんが、中国地方の県境にある道の駅とだけいっておきます。

      周辺にはこの個体のみでポツンと置かれていました。
      ええ顔してます。
      私はこれと似たものをどこかで見たことがあるなぁと思いました。

      そうです機関車トー○ス氏です。

      私は初めて○ーマスを見た時かなりの違和感を覚えました。
      その感覚に似たものをこの個体からは感じます。

      しかし機関車の顔が付いてる部分は顔を付けようと考えればあの部分しかないでしょう。

      ナスに顔やったらそこちゃうやろと、
      ちゅうか乗るって無理やろなどと考えてしまう私は、まだまだ若輩者であります。

      ガムアママレザーズ

      2009.02.07 Saturday

      0
        ようやくブログのシステムがわかってきたのでリンクを付けました。
        ガムアママレザーズです。
        ガムアママレザーズは主宰のコロさんと旧友スギエさんのお二人(ちなみにバスケットボールチームU.M.A.Pメンバー)で財布を主としたレザープロダクツを制作されています。
        たまに私もコラボという形でお手伝いをさせて頂いております。

        タンニンなめしの馬革を主材料に細部までこだわりぬいた作りとなっています。
        二人ともバイクに乗っているという事もあり、やはりお客様もバイカーの方が多いようです。
        エースバッグ

        私が今まで見てきたいわゆるバイカー系アイテムというものは「ワイルド」「屈強」というイメージが強かったのですが、ガムのアイテムはそういったものとはやや異なります。
        一言でいうと「かっこいい」という表現がぴったりだと思います。
        百聞は一見にしかずという事でHPを一度ご覧ください。
        この表現が適切だとご理解いただけると思います。

        多数のハードレザー系クラフトマンがより硬い革、厚い革へと流れていきます。
        それはボディービルダーがゴリゴリの筋肉をまとう心理と同じではないか、とおもいます。
        ちなみに私は「もっといける。もう一回いける心理」とひそかに呼んでいます。
        知らず知らずの内に常人の理解を超える体躯へと変貌してしまいます。

        どうでもいい事ですが、私が一番心に残っている筋肉シーンは、ソウル五輪100M走でベン・ジョンソン氏がステロイドを服用し、明らかに他のランナーとは異なる体でぶっちぎりの速さで1位になったシーンです。
        UMAを発見した時ぐらい興奮しました。
        そこまでいけばかっこいいとも思いますが。

        一方ガムの革はいわゆる「ソフトマッチョ」といったあたりです。
        馬革のもつ特性とまた、日本で最高の馬革タンナーといわれる「新喜皮革」の技術により仕上げられた革は、しなやかさと屈強さという相反するベクトルをひとつに融合させる事に成功しています。
        おそらくこの馬革のチョイスはパーフェクトではないでしょうか。

        またアイテムのパターンの精巧さ縫製の熟練度などあげればきりがないですが、私が一番気になったのは
        「ガムアママ」ってどういう意味ですか?という事です。

        聞けば、コロさんには小さな娘さんがいます。
        その子がなぜか「ワガママ」という言葉を「ガムアママ」と言ってしまうそうです。
        どうやらそこからの由来のようです。

        コロさんが言うには「僕には家族があり、確かに心配もかけています。
        僕のワガママで始めた仕事ですが、家族は成功を信じてくれています。
        ガムアママレザーズは家族で戦います。」


        私はガムアママレザーズをいろんな意味で「かっこいい」と思います。




        トートバッグ

        2009.02.02 Monday

        0
          トートバッグ

          オーダーでお作りしたトートバッグです。
          結構大きめで、何でも入るサイズです。
          正面から見て四角になるようにパターンを作りました。
          底マチを切り変えて判りにくい2トーンカラーにしました。
          今回1番こだわったポイントは、正面から見て、底マチがチラっと見えるチラリズムの比率に悩みました。
          チラっとなだけに面積が多すぎてはなりません。

          タンニンの革で作ったので、ええ感じに育ってくれると思います。
          ロゴはエルク(でかい鹿)の革に押してふさふさ感を出しました。


          弁当マチ
          お客様がやたらと弁当が入るかどうかをを気にしていたので、弁当マチを採用しました。
          縫製箇所にはパイピングをほどこし、バッグ自体が自立するので安定感があります。
          なんぼでも弁当が入ると思います。

          未確認生物3/3

          2009.01.27 Tuesday

          0
            おまたせしました。
            未確認生物の最終レポートです。

            数々の書籍を読みあさり、ついに正体を突き止めました。

            まずはこの写真をごらん頂きたい。


            メス

            これはメスと思われる写真です。
            おっとっとを無防備にたべています。
            このスキをついて、じっくりと観察して頂きたい。
            顔は体毛がなく七面鳥のような顔をしています。
            しかし足元をよく見ると水かきがついているのが確認できます。
            また近づきすぎると「シャーシャー」と音をだしこちらを威嚇していました。
            本来鳥は鳴くものですが、声は発しませんでした。

            私は水鳥の一種であると思い、数々の野鳥図鑑を調べましたが発見には至りませんでした。
            私はこれがUMAであると決め付けようとしていたところ、あるひとつの可能性がでてきました。

            もしや外来種では・・・


            私は全世界の鳥を調べました。
            膨大な資料を検索した結果、ある鳥にいきつきました。
            それは「ノバリケン」という鳥です。別名ムスコビーアヒルともいわれ、
            中央アメリカ〜南アメリカ中部に分布となっています。
            姿は非常ににていますが、同じ物とは言えませんでした。
            しかし私はこのノバリケンが関係しているのではないかと確信に近い思いがありました。

            そしてついにバリケンとマガモの交配種という記事を発見しました。
            本来は自然界ではあまり例がなく、人間が手を加えた結果との事です。

            なんと戦前の日本ではこのバリケンを家禽化しようとしていたらしく頻繁に見られたということです。
            そのうちそれらが逃げ野生化したものがいたようです。

            そしてマガモとの雑種は、「ドバン」と呼ばれています。
            かっこいい名前です。この鳥はどうやらドバンに間違いないようです。

            ドバンで調べるといくつか情報がありました。
            野鳥研究の方のHPなどは非常に充実した内容で今後の活動の参考にさせて頂こうと思います。

            また驚くべきことにこの雑種には繁殖能力はないようです。
            つまり1代かぎりでこの種は途絶えてしまうということです。

            そして人間はこれまでに様々な人工交配種を産み出してきたようです。

            例をあげると、ロバのオス×ウマのメスによる「ラバ」
            ライオンのオス×トラのメスによる「ライガー」等
            しかしそれらも繁殖能力がないようです。

            親のオスとメスが異なるとある物は巨大化し、またある物は親より小さくなるなど微妙なさじかげんです。

            また以前恐るべき計画が、今は無き兵庫県西宮市の阪神パークでおこなわれていました。
            それは「レオポン製造計画」と呼ばれ、ライオンとヒョウの混血獣を作りあげていたようです。
            1958年2頭のレオポンが誕生し、「レオ吉」、「ポン子」と最もつけてはいけない名前を授かっていたようです。
            現在、西宮市が剥製を保存しているようなので、一度レポートに行きたいと考えています。



            ここで私はある仮説を唱えたい。
            それはUMAと呼ばれるものの多くがハイブリット種ではないのか?ということである。
            自然界でごく稀にハイブリット種が産まれるとする。
            しかしその生体は1匹限りで、繁殖能力を持たない。
            誰かが目撃し、証言するが、本格的な調査に乗り出す頃には多数の目撃証言が必要であり、かなりの時間を要する。
            その頃にはどの群れにも交じれず、まわりの環境に合っているとは言いがたいその1匹限り生体はもう途絶えている・・・

            今回私はオカルトまたは生物学界を揺るがす衝撃的仮説を唱えてしまった。
            このブログが更新されないようであれば、その筋の者に狙われたと考えて頂きたい。
            キーボードを打つ手が震えている。
            しかしこれは武者震いである。






            追加報告


            おかんが勝手にドバンをリサーチしにいったようです。



            おかんリサーチ

            見所はデジカメなのに普通のカメラのような撮り方をしているというぐらいです。
            おかんはすぐ捨て犬などを持ち帰ってくるので、ドバンを持ち帰ってくるのではないかと危惧しましたが、それは大丈夫だったようで安心しました。

            どうやら現在一羽が行方不明です。
            絶えようとしている種がそこにあります。
            みなさんもドバンを発見した時はキモいなどと思わず、優しく接していただきたい。
            知って頂き、その種の存在意義を一度考えていただければと思います。