第34回カントリーフェスタ三木に出店します

2018.08.25 Saturday

0
    毎度夏のことですが,久しぶりの投稿となります。
    何をしていたかと言うと、大体子供とプールに行っていました。
    最初は顔を水につけれなかった長男も3m程度泳げるようになりました。
    いつも近所のしあわせの村という施設を利用していて、主に私が風呂に入りに行っていますが、夏はプールも良いです。

    私が風呂に行く場合、主に夜の8時から閉館する時間あたりに行くのですが、常連といっても良い人達がいます。
    私がいつ行ってもいるので恐らくかなり通い詰めてるのだと思います。

    夏休みという事で、今回はこのブログをスペシャル版として常連の上位3人をご紹介したいと思います。

    まず一人目は私が 大迫 と名付けている人物です。
    年齢は60歳程度でかなり大柄な人物です。
    なぜ大迫かというと、私がある日湯船に浸かっていると近くにいた子供たちがヒソヒソと話していたのを聞いたのですが、「あのおっさんあの水風呂に入ってから全然出てこないわ、ハンパねぇ」と言った内容でした。
    当日なぜかものすごく水風呂の水温が低く確かにベテランの私でも入る時キャッという悲鳴をあげてしまう温度でした。
    彼とはよくサウナ、水風呂間で共に時間を過ごしますが、サウナの時間も長く一度も彼より長く入っていたことはありません。
    やはり恥ずかしながら私もハンパねぇと言ってしまうのでした。

    二人目は二宮金次郎と呼んでいる男です。
    私がいうのもなんですが、50歳弱のだらしない体をした人物です。
    いつもサウナに文庫本を持ち込み読んでいるのですが、その本がシワシワになりすぎて、ほんまに読めているのか見ていて不思議になります。
    何の本を読んでいるのか非常に気になり、カバーが剥き出しの文庫本のタイトルを読み解こうと努力するのですが、私の視力が若干悪くなったのかいつもわからずじまいです。
    これは判明次第ご報告できればと思います。

    3人目はベストセラー作家と名付けている人物です。
    70歳前後と思われますが、がっしりした体格の持ち主です。
    よく風呂で知り合いと会うのか、知人と洗い場で会話している場面に遭遇します。
    その内容から本を自費出版し、それがよく売れ近所の本屋に売っているから是非読んでいただきたいという内容を数回聞きました。
    申し訳ないですが、私はなぜか胡散臭く思えてしまいます。
    なぜかというと彼は非常に日焼けをしていて完全に服と肌の部分の色が異なり遠くから見ると服を着ているように見えます。
    しかもノースリーブを愛用しているようで、ベストを着ているように見えることからベストセラー作家と読んでいます。
    日焼けがなければそうなのかと思ってしまいますが、日焼けがあると本を書いていないように思ってしまいます。
    これは私の偏見でしょうか。

    彼ら3人とよく遭遇しますが、次点として、いつも脱衣所で手首、足首にベリベリ式の鉛を巻いている私がピッコロと呼んでいる人物もここにあげておきます。

    一体何が言いたいかというと、8月25日に開催されるカントリーフェスタin三木は夏休みスペシャルバージョンだということです。
    時間は15時から21時といういつもとは違う夜店バージョンとなります。
    屋内ですので快適にお楽しみいただけると思います。
    ぜひ夏休み最後の土曜日は道の駅の横、メッセ三木にお越しくださいませ。

    八ヶ岳クラフト市 2018summer に出店します。

    2018.07.13 Friday

    0
      明日からというか今日からですが
      7月13、14、15の3日間
      八ヶ岳クラフト市2018summer に出店します。

      最後まで作り込んでいたので家からの出発が遅くなりました。

      先日久しぶりにオリジナルレザー 彩恋人の黄色、黄緑色を入荷しましたのでなんとか数個、ポーチなどを作りました。
      Aブロックという場所にいますので、避暑がてら八ヶ岳自然文化園にお越しください。

      A-line 2018に出店します。

      2018.06.29 Friday

      0
        先日開催された秋田ふるさと村アート、クラフトフェアにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。

        ネット販売のものを見てお越しくださった方などもいて沢山の方々にお買い上げいただきました。
        イベント後ふるさと村を堪能させていただき、カエルのカゴを記念に購入しました。

        なぜそれを買ったかというと、新しい趣味である石拾いにふさわしいカゴであると考えたからです。

        作家仲間で石の先生にどこで拾えるのか?と聞いた際、いくつかポイントを教えてもらいました。
        どうせならと本州最北端である大間で早朝から石拾いをしようとかなりの距離を走り、到着後海を見ましたが数人すでに拾い始めているようでした。
        石拾いめっちゃ流行ってるんかと思いましたが、どうやら私以外は皆昆布やモズクを拾っているようでした。
        やはり聞いていた通りすごい種類の石があり、独特の色や形をしているものが沢山ありました。
        あまり持って帰ると嫁に怒られるので、泣く泣く精鋭のみをいくつか持って帰る事にしました。
        これはまた後に報告させていただきます。

        以前ネット販売で大間の漁師の奥様と娘さんに漁師の嫁財布を買っていただいた事もあるので、記念にマグロ丼を食べることにしました。
        マグロのシーズンオフということもあり、ウニの方が美味しいよとの事でしたので、半分ウニを食べましたが、たしかに朝採れただけありうますぎる味でした。
        どうも私が、店のおばちゃんの娘婿に似ているらしくタコの干したものとコーヒーをご馳走になりました。
        この顔で得をしたのは初めてです。

        旅行を楽しんでいるように聞こえるかもしれませんが、なぜ青森にいるかというと6月30、7月1日と開催されるA-line2018に出店するからです。
        山の頂上付近にいますので、足がパンパンになったところぜひロマステブースでお休みください。
        天気も微妙ですがなんとか持ちこたえてもらいたいところです。





        秋田ふるさと村アート&クラフトフェアに出店します

        2018.06.21 Thursday

        0
          ラーメンなどを店で食べる際、店選びは大体美味しいと評判の店か、チェーン店などのよく知った味を選びがちですが
          私ほどのレベルになると、今にも潰れそうなボロボロの店を選びます。
          出張先になるほど、この思いは強くなります。
          これはボロい店あるあるですが、店に入ると店主が寝転んで新聞を読んでいるのを非常によく見かけます。
          またひどい店になると、店主が「えっ」という言葉を発します。

          多くの場合が、調理に非常に時間がかかりますが、それは突然来店したこちらに非があるので我慢しなければなりません。
          そしてラーメンなどを運んでくるおばちゃんが、ものすごく慎重に運んできてくれるのも、あるあるではないでしょうか。

          味は基本的に美味いと感じることは少ないですが、食べたことのない味がする事があります。
          私はこれを望んでいます。

          山形県と秋田県の県境に、ゴミ屋敷とラーメン屋を共存させている店があり、以前から前を通る度ぜひ訪れたい考えていました。
          今日前を通る機会があったので、立ち寄ると、おそらくお休みのようでした。
          恐らくというのは店はのれんを中に入れて扉が閉まっていました。店の横にあるゴミ屋敷の扉は開いていましたが、あまりの惨状に恐怖しブルって退散させていただきました。
          食べていませんが、星3つを進呈させていただきます。


          何が言いたいかというと、その店の前を通るという事は東北に向かっていると言うことです。
          6月22、23、24日に秋田ふるさと村で開催のアート&クラフトフェアに出店します。
          初出店となりますので、ぜひお越しください。
          店頭で「これください」と言った際、私が「えっ」という表情をした際には売り上げをお察しください。
          それではお待ちしております。

          くらふてぃあ杜の市vol.22に出店します

          2018.06.01 Friday

          0
            先日開催された立山クラフトフェアにお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。
            天気も良く沢山のお客様にご購入いただきました。
            また来年も参加できればと思います。

            そして今週6月2、3日くらふてぃあ杜の市に出店します。
            すでに本日搬入が終わりました。駒ヶ池の本部周辺のレンタルテントにおります。

            搬入後に近所の温泉に立ち寄り
            3人でぎゅうぎゅうのサウナ室で蒸しシュウマイのように蒸されてきました。
            横のおっちゃん同士が知り合いらしく話していた内容によると、明日は駒ヶ根の隣町の伊那にプロレスがくるらしく、そのおっちゃんの息子がプロレスを見たくてコンビニでチケットを取ろうとしたが、やり方がわからなくて断念したという切ないストーリーを南アルプスを見ながら聞いていました。

            代わりにぜひ杜の市へお越しいただければと思います。
            あと駒ヶ根ファームスの最寄りのサークルKが2週間以内に閉店するという残念な情報も補足しておきます。

            それでは会場でお待ちしております。