VS 梶原

2009.03.03 Tuesday

0
    姿の見えない敵と戦っています。
    その敵とは「梶原」という苗字の人達です。

    よく「梶原さん」と言われます 私は梶本なのにです。
    最初は間違えたのかな?ぐらいにしか思っていませんでしたが、結構頻繁にこの状況に陥ります。
    よく知ってる人にさえ「苗字梶原と思ってた」等と言われます。
    一度など、100人ぐらいの前で「梶原さんです」とご紹介頂いたことすらあります。

    私は別に苗字を間違えられたぐらいでは怒りません。流行りの草食系ですし。
    ただ、みなさんの生活に根付いているこの梶原崇拝主義に恐れを抱いています。
    特に関西圏ではかなりの勢力を持っているようです。

    先日、私はインターネットで「日本の苗字七千傑」というものを拝見しました。
    全国の苗字ランキングがあるのです。
    どうやら統計上、日本には約7000強の苗字が存在するようです。
    けっこうかぶってるなぁと思います。

    ちなみに梶本さんは1730位、約9100世帯です。

    そして梶原さんは351位、約61700世帯もあるようです。

    この結果、確かに梶原さんは多いのは多いですが、梶本も意外にいるなぁという印象です。

    梶本対梶原が行われれば、人数では負けますが結構いい勝負になるのではないかと思います。

    チームワークでは梶本 みたいな感じがします。

    最後の最後、この土壇場での梶本 とかありそうです。

    しかし、よくよく考えてみると、この関西圏に住んでから、「梶ヤン」と呼ばれています。
    人に紹介される時も、この人梶ヤンですみたいな時が多い気がします。
    「梶本さん」という呼ばれ方はここ最近聞いていない気もします。

    恐らく相手も「梶ってついてるから梶さんか梶原さんやろ」みたいな感じだと思います。
    結果、安心の梶原を選択しているのだと思います。

    言う方にとっては結構な賭けだと思いますが、その勝負に駆り立てる懐の深さが、どうやら私にはあるようです。
    コメント
    梶本様
    お邪魔致します。過日にはご丁寧にメッセージを頂き有難うございました。
    拙者も一時は不覚にも「梶原殿」に助太刀してしまい、それは深く深く悔やんでおり申す。
    現在は「梶本様」への儀をば立て仕らへば
    編んで頂いたロープ、肌身離さず愛用致しており申す。
    今後とも どうぞ宜しく願い申し上げ候
    ブン左殿
    大事に使っていただいて光栄であります。
    またレーシングの記事も書きたいと思いますのでちょこちょこ覗いて下さいませ。
    • by かじもと
    • 2009/03/20 1:56 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL