なかなかやな

2019.08.13 Tuesday

0
    久しぶりの更新となります。

    何をしていたかというと、夏休みなので子供を相手にしているとポケモンに詳しくなりました。

    今年の上半期は若干出店も少なかったですが、ひとつなかなかやなと思った事がありましたのでここに書いておきます。

    イベントの帰りによくスーパー銭湯に立ち寄ります。

    これは帰りに高速道路に乗る前に食事と風呂を同時にこなす事ができるからです。

    滋賀県の某イベントが終わり銭湯をネット検索しましたが、周辺にいわゆるスーパー銭湯がなく、いわゆる小さな銭湯に立ち寄りました。
    駐車場がものすごくわかりづらく、結局お寺の駐車場を併用しているようでした。

    銭湯の建物も良い言い方をすれば趣があり、いわゆる番頭さんがいるタイプの昔ながらの銭湯でした。

    扉を開けるとすぐ犬が寄ってきました。
    この建物に似つかわしい雑種の中型犬でしたが、大変愛想が良く私をもてなしてくれました。
    中型犬に見守られながら生まれたままの姿になり、風呂へと向かいました。

    まぁ一般的な銭湯だと思い洗い場で頭を洗っていると、何か動くものが視界に入りました。
    何かなと思い目を凝らすといわゆるイトミミズが壁を這っていました。
    久々見たなと思っていると、どうも1匹ではなく、直前の視界に入るだけで20匹ぐらいいたのでなかなかやなと思いました。

    辺りを見渡すと一面いる気配がしたので見なかったことにして体を洗っていると、よく焦げた肌に金のネックレスをした地元若衆と見られる3人組が入ってきました。


    3人が隣り合って洗い場に座って身体を洗い始めたので、私が内心ミミズにビビるんちゃうかと思っていたのですが、3人とも草野球の「あいつのシンカーは打てない」という話に夢中のようで、これは常連やなと確信しました。


    とりあえずぬるめの湯船に浸かりふと横の壁を見ると、なるほどと思いました。

    黒く汚れていたので遠くからは気づきませんでしたが、その壁の一角が水槽になっており、ものすごく巨大な金魚が数匹水槽に入っていました。

    このミミズはエサかと思うとなかなかやなと思いました。
    新鮮なのでこの巨大さも合点がいきました。

    お風呂と別料金の暖かくない極狭サウナを楽しんだ後、風呂場から脱衣所に出ると、また中型犬が愛想を振りまいてきました。

    また私のわがままボディを見守られながら着替えをしていると、中型犬が急に近くにあったソファに近づき何かを確認すると、番頭さんの方に走り寄りました。
    番頭の老婆が新聞紙を丸めて老人の動きではないスピードでソファに素早く近づき周囲をバシバシ叩いていたので、黒い虫をやっつけていたのだと思います。

    しかしこの中型犬はこんなこともできるんかと正直震えました。
    見た目では銭湯も犬も判断してはいけないなと、忘れかけてたSomethingを思い出しました。


    長々と書いた後に、何が言いたいかというと秋からの出店予定を告知するのを忘れかけていたと言いたいです。

    とりあえずHPの出店案内に書いていますので、そちらをご覧ください。

    次のイベントは新潟県での
    越後妻有クラフトフェア2019に出店します。 2019年9月7日・8日、ニュー・グリーンピア津南<芝生広場>で、みなさまのお越しをお待ちしております。



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL