明けましておめでとうございます。

2019.01.04 Friday

0
    今年もよろしくお願いします。
    今年は本格的にロマステとして活動を始めてから10年目となります。
    こうして続けてこられたのもお買い上げいただきました皆様はもちろんですが、仕事やプライベートで関わった多くの方や仲間たち
    素材である革を届けていただけるタンナーさんや問屋さんなど感謝すべき方々のおかげで何とかやってこれました。

    作る革製品もかなりの数を製作し自信にもつながりました。
    これからもより良いものづくりを心掛けていきたいと思います。


    と考えていましたが
    先日故郷に帰省した友人が私の古い友人と飲んだ際にとある写真を見せられ、私のところにその写真を転送してきました。
    ご覧ください。






    これはその友人に高校生の時に宛てた年賀状です。
    お年玉ハガキを袋とじにし、その間に私自身のサイン入り生写真を同封するという狂気的な内容の年賀状でした。

    写真は見づらいですが、誰もいない広いグラウンドで私が一人ベージュ色の短パンを履きハイキックをしているという内容です。

    私はこの年賀状を完全に失念しており、最初悪質なCGかと思いましたが、このサインは今でも描けるので間違いなく私が描いたものだと思います。
    またこの袋とじの裏にお正月ギャグという謎のメッセージも記されていましたが、現代アートのような内容でよくわからないので割愛させていただきます。

    私はこれを見て忘れかけてたSomethingを思い出しました。
    ロマンスステーションの活動を初める前から革製品を作ってきましたが、当初と作っているものがかなり変わってきました。

    これはやはり対面販売で得た多くの方のご意見や販売するターゲットや市場、またブランドの方向性などを考慮した結果だと思います。
    私がロマステ黎明期に製作した100%これはとんでもないものを作った天才かと思ったものは、だいたい売れませんでした。

    ここまで続けてこられたのはいい感じに大衆に迎合しながらも程良いオリジナルな表現を模索してきたからだと思います。

    10年目として思う事はこの考え方は間違ってはいなかったと言うことです。
    ロマンスステーションは今後も多くの方に気に入っていただけるものづくりを目指していきます。


    ただ何か物足りなさを感じるのも事実で、あの年賀状のような狂気的な作品も作りたいと感じています。
    この節目のタイミングでこの写真に出会えたことは、
    今の自分の殻(袋とじ)を破れというメッセージのように感じざるを得ません。

    今年は人生の折り返し地点の年齢でもありますので何かひとつ、ものづくり人生に爪痕を残す作品を作りたいと思います。
    発想やデザインが私の生きてきた人生から作られる私が一番満足する作品を作ってみたいです。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL