秋田ふるさと村アート&クラフトフェアに出店します

2018.06.21 Thursday

0
    ラーメンなどを店で食べる際、店選びは大体美味しいと評判の店か、チェーン店などのよく知った味を選びがちですが
    私ほどのレベルになると、今にも潰れそうなボロボロの店を選びます。
    出張先になるほど、この思いは強くなります。
    これはボロい店あるあるですが、店に入ると店主が寝転んで新聞を読んでいるのを非常によく見かけます。
    またひどい店になると、店主が「えっ」という言葉を発します。

    多くの場合が、調理に非常に時間がかかりますが、それは突然来店したこちらに非があるので我慢しなければなりません。
    そしてラーメンなどを運んでくるおばちゃんが、ものすごく慎重に運んできてくれるのも、あるあるではないでしょうか。

    味は基本的に美味いと感じることは少ないですが、食べたことのない味がする事があります。
    私はこれを望んでいます。

    山形県と秋田県の県境に、ゴミ屋敷とラーメン屋を共存させている店があり、以前から前を通る度ぜひ訪れたい考えていました。
    今日前を通る機会があったので、立ち寄ると、おそらくお休みのようでした。
    恐らくというのは店はのれんを中に入れて扉が閉まっていました。店の横にあるゴミ屋敷の扉は開いていましたが、あまりの惨状に恐怖しブルって退散させていただきました。
    食べていませんが、星3つを進呈させていただきます。


    何が言いたいかというと、その店の前を通るという事は東北に向かっていると言うことです。
    6月22、23、24日に秋田ふるさと村で開催のアート&クラフトフェアに出店します。
    初出店となりますので、ぜひお越しください。
    店頭で「これください」と言った際、私が「えっ」という表情をした際には売り上げをお察しください。
    それではお待ちしております。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL