くらふてぃあ杜の市vol.21に出店します

2017.05.30 Tuesday

0

     

    先日の立山クラフトにお越しくださいました皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

    2日間天気も良く絶好のクラフト日和で沢山のお客様にお買い上げいただきました。

     

    相変わらずお洒落偏差値の高いイベントでこれはお客さんとして行ってもおもしろいやろなと感じます。

    またいい感じの大浴場付きの宿も発見したので、また来年も参加できればと思います。

     

     

    そしてイベントの帰りは風呂に入って帰るのですが、今回石川県の徳光パーキングエリアから徒歩で入れる

    スーパー銭湯があるという情報を入手したので立ち寄ることにしました。

     

    場内は大きなプールのような大浴場があり、なんか浮いているので柚か何かかなと思いましたが、

    どうも小さいアヒルのおもちゃ等が無数に浮いており、なかなかのパーティー感やなと思わされました。

     

    ひとしきりアヒルをいじくった後、露天風呂があったので外へと向かいました。

    時刻的に水平線の先に夕日が沈む瞬間であり、しばらく夕日がいい感じに日本海に沈んでいく様を眺めていて

    ふと違和感を覚えました。

     

    その違和感の正体はどうやら高速道路を走る車から確実に丸見えやなという事でした。

    夕日を望む最高の場所に立つと、自動的に見えてしまうという珍スポットのようでした。

    しかしその開放感たるやなかなかのものです。

    これは確信犯であると確信しました。

     

    今後私が出店する北陸地方のクラフトイベント最終日に徳光パーキングエリア下り線の500m手前では絶対に左側を見ないでいただきたいと思います。

    沈む夕日に照らされた、生まれたままの姿で遥かユーラシア大陸を望むだらしない体をした男がいるとそれは私ですので

    どうかお気を付けください。

     

    離着陸する飛行機が上空をかすめ飛ぶ富山空港付近の高速道路のように

    「脇見注意」の看板が設置される日も近いかもしれません。

     


    結局何が言いたいかというと、今週末6月3日、4日に開催される くらふてぃあ杜の市 は見逃せないと言うことが言いたいです。

    駒が池エリアのレンタルテントエリアから駒ヶ岳を望んでいますので、ぜひお立ち寄りください。

    もちろん服は着ておりますのでご安心を

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL