マルコポーチ

2016.08.12 Friday

0

     

    これまた久しぶりに「マルコポーチ」作りました。

    ベージュと黄緑(枝豆色)あります。

     

     

     

    偶然、次男の肌着がイカリマークでした(@_@)

    おもちゃ独り占めしてご機嫌な様子。

     

     

    facebookはこちらから→ RomanceStation facebook
    Instagramはこちらから→RomanceStation Instagram

    faceboookとInstagram始めました!

    2016.08.08 Monday

    0
      お久しぶりです。
      助手(嫁)です。
      毎日、子育てに奮闘しております。
                                                                                        
      今さらですが、faceboookとInstagram始めました!
      出店予定、商品、子供たちのことをアップしていきたいと思います。
      よろしければ「いいね」、「フォロー」をお願いいたします。
                                                                                                
      facebookはこちらから→ RomanceStation facebook
      Instagramはこちらから→RomanceStation Instagram

      もみじクラフトに出店します

      2013.09.06 Friday

      0
         
        9月7.8日に駒ヶ根もみじクラフトに出店します。

        ぜひともお越しください。


        最近頻繁に駒ヶ根周辺に行っている気がします。

        6月に行った時に、たまに食べていたラーメン屋とホビーショップが閉店していました。

        気に入っている店が無くなるのは寂しいものです。

        また散策してお気に入りの場所を発見したいと思います。




        夏の間によく欠品していた漁師の娘サイフを補充しました。

        新色もありますので、ぜひもみじクラフトにてご覧ください。







        テトラポーチも新しい色が沢山ございます。





        それでは駒ヶ根ファームでお待ちしています。



        大群

        2012.02.19 Sunday

        0
          助手です

          今週末はものすごい寒かったですね〜。

          家の付近ではこの冬一番の雪が降って少し積もってました。



          寒い時は家にこもって製作!

          ってことで、代表は商品のアニマルキーホルダーを大量に製作しております。





          (まだ、ペッタンコのアニマルキーホルダー)

          これを立体に仕上げた時はものすごい大群になると思います。



          そんな中、助手は知り合いの結婚式へ参列するために、神戸・北野のSORAへお出かけしました。

          久しぶりの結婚式への参列はとても感動的で新郎の涙につられてもらい泣き

          うちの代表も式当日は泣くのかな?(笑)





          いただいて帰ってきたテーブルのお花は、寒さのせいかあんまり元気が無いです。

          漂白剤を少し入れると長持ちするらしいので、少し入れて水切りもしました。

          茎がものすごく短いのでマグカップに生けてます

          そして下にチラッと見えているのがレザーコースターです。

          なんとなく、まとまって生けれて満足な助手です〜

          準備

          2012.02.15 Wednesday

          0

            助手です〜

            結婚式に向けて少しずつ準備をしております。

            いつも販売しているものを家族での会食の席札立に使うことにしました〜。



            いつものアニマルキーホルダーのサイが・・・







            ほぼサイが見えませんが・・・・こんな感じになります。

            ちなみにカードのサイズはハガキの半分を使用しています。



            お土産にサイを持って帰ってもらえるので、喜ばれると思います!

            こんな使い方もいかがですか〜?

            2012.02.10 Friday

            0
              助手です

              私用でなんだか忙しく、なかなか新しい物が作れませんでしたが

              久しぶりに小瓶ネックレスを作りました〜。

              前回作ったものより少しグレードが上がって、革のビーズなどがついて

              ビンと革紐の接続も前回より強度が上がりました!






              明日、明後日、出店する「神戸クラフツアーケード」に持って行こうと思います。

              ピアスも少し新作を作りました〜。

              新しいピアスのイメージは「みのむし」です(笑)



              では外でのイベントなので暖かくしてお越しくださいませ〜。


              制作

              2012.01.14 Saturday

              0
                 

                冬なので色々量産しています。

                春から出店が続くので、今のうちに作っておきます。



















                船乗りの笛

                2011.10.14 Friday

                0
                   
                  たまには作品紹介をしたいと思います。

                  最近ブレイク中の船乗りの笛Lをご紹介します。





                  旧イギリス海軍のレプリカの笛がついているネックレスです。
                  実際に吹けます。

                  どうやらマスターすると音色を変える事ができ、伝令を笛の音で伝える事が可能になるようです。

                  私はまだマスターしていませんが、音はよく出ています。
                  結構普通の笛の音です。

                  現在下記店舗にて置いて頂いています。
                  革の色やビーズの色等が微妙に違います。


                  6words

                  TREE BELL

                  北野★工房のまち



                  近々cocoroさんにも納品予定です。








                  先日この笛を購入した方から、信じがたい情報を入手した。

                  その驚愕の内容とは







                  !!











                  !!!











                  この笛を汽水域で吹くとボラが跳ねる









                  というものである。



                  実はボラがなぜ跳ねるのかという事は実際よくわかっていないようである。

                  様々な憶測が飛びかっているようであるが、有力な物としては

                  体に付いた寄生虫などを落とすため説

                  捕食魚に追われて逃げる為説

                  気分の高揚あるいはストレス発散説

                  等が挙げられる。


                  私個人としては、ただイキがっている説だと考えていた。

                  ヤンキーが教室でイスをガタッとさせて周りを威嚇するという感じで周囲にナワバリを示しているのではないかと考えていた。

                  魚釣りをしたことがある人ならご存知だろうが、一般的にボラは雑魚である。
                  釣れると「あぁ〜あボラか」と言われる存在である。

                  だいたい釣り上げられるとビチビチ跳ねてウロコが取れるので、蹴られて海に帰される存在である。

                  そのうえものすごい生命力である。
                  釣って半日クーラーボックスに入れておいてもまだ生きているのである。

                  私がまだ少年と呼ばれていた頃、釣りを始めたばかりの友人が、周囲の制止を聞かず、釣ったボラの魚拓を取ると言ってきかず、
                  家に持って帰ったのはいいものの生命力が強すぎて、生きたまま魚拓を取ったという過去を思い出す。

                  またやめとけという声を聞かずどうしても食うと言って食った後の感想を聞いたところ

                  「小骨が多かった」とだけ言われるような魚である。

                  しかし今一度冷静に考えてみると、捕食魚に追われて逃げる為説がけっこう有力ではないかと思える。

                  それはなぜかというと、トビウオの存在である。

                  トビウオはマグロ等に追われて、スピードではマグロにはかなわないので、空を飛んで逃げるのである。
                  200Mぐらい普通に飛ぶようである。

                  ボラも何かから逃れようとしているのだろうか?




                  というような妄想をかきたてられる笛です。


                  真実を知っているのはワタクシのリスペクトする、さかなクンさんぐらいだろうと思います。


                  最後に私の好きなさかなサンのコラムを載せておきたいと思います。




                  広い海へ出てみよう 

                   中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。
                  いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。
                  突然のことで、わけはわかりませんでした。

                   
                  でも、さかなの世界と似ていました。
                  たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
                  せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。

                  けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
                  すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
                  助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

                   広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。
                  同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

                   中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。
                  でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。
                  学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。
                  話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

                   ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。
                  大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
                  外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。
                  広い空の下、広い海へ出てみましょう。


                   

                  オーダーです 夏

                  2011.08.22 Monday

                  0
                     
                    久々にオーダー頂いた物をご紹介したいと思います。

                    他にも数点ありましたが、写真を撮り忘れて発送してしまうというケースに度々見舞われます。
                    ご紹介できずにすいません。

                    外で撮影をする事が多いので、天気に左右されない室内での撮影をした方がいいなと、今さらながら思います。







                    梅雨〜夏ぐらいに製作したものです。
                    まずはこちらをご覧頂きたい








                    これは祭りポーチです。
                    お祭りの浴衣の帯に装着できるよう後ろに大き目のループがついています。

                    みこしを担げるサイズです。
                    ハプニングに備えて革は撥水レザーを使用しています。








                    装着図





                    不思議と楽しい気分になります。











                    こちらはクマ船長バッグです。





                    オーダー頂いた革の色がなかなか無くて、タンナーにて、革そのものを制革して頂きました。
                    大変でしたが、綺麗なピンク色が作れたと思います。












                    おそろいのカードケースです。
                    手触りが良いです。











                    クマはVネック感を出しました。
                    もちろん鼻の中にはクッションを入れているので、プニプニ感が楽しめます。












                    こちらはワンウェイチケットバッグ改です。





                    完成図を詳細に描いていただけたので、作りやすかったです。
                    斬新な配色でカッコイイです。
                    マグネット仕様になっているので、使いやすいと思います。
                    中の生地は持ち込みの高級花柄生地で、フタを空けるとお花畑が広がります。






                    装着図




                    かっこいいです。













                    最後はフルートケースです。






                    正確にはフルートケースを入れるケースです。

                    落としてもいいように、全面にクッションを入れています。
                    衝撃から守る使用になっています。

                    またステッチでイニシャルをイカリ感を出して入れています。
                    これも撥水レザーです。

                    実用的な物に撥水レザーは非常に有効だと確信しています。




                    フルオーダーは年に2回ほど制作期間を設けています。
                    かなりお待たせ頂く場合もありますので、ご注意ください。

                    定番の物の色変え等は合間にしますので、1か月ぐらいみて頂ければ大丈夫です。


                    オーダーは製作が大変ですが、ひとつ作り上げる度に技術力が上がる感じがします。
                    出来るかぎり続けて行きたいと思います。






                    新作!

                    2011.05.14 Saturday

                    0
                      全国のお触りファンの皆様、大変お待たせいたしました!



                      「ふきふきストラップ」に続く、お触り系アイテムが完成しました。





                      その名も「ムニムニハウス」









                      このフォルムをご覧いただきたい。



                      きのこのような家の形をしている。



                      お触り感は、恐らく、ふきふきストラップを超えているのではないだろうか。



                      明日、出店の「百万遍さんの手づくり市」にてデビューいたします。

                      ぜひ、お触りに来てください。